特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

参院長野補選 立憲、共産と連合の板挟み 衆院選共闘に影響も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院長野補選で、立憲は連合と共産の板挟みになっている
参院長野補選で、立憲は連合と共産の板挟みになっている

 立憲民主党が、4月25日投開票の参院長野選挙区補選を巡り、野党共闘態勢の構築に苦慮している。「原発ゼロ」や日米同盟のあり方を巡り、連合傘下の民間労組と共産党が反目し合っているためだ。板挟みの立憲には、次期衆院選での野党候補の一本化交渉への影響を懸念する声も上がる。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1081文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集