特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・話題の本

『妄想古典教室』=橋本麻里

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 一昔前の文化人風の、史料の裏付けがある言説と「妄想」との切り分けが曖昧な文章を、マトモな専門家は警戒する。『日本国語大辞典』によれば、妄想とは「とらわれの心によって、真実でないものを真実であると、誤って意識すること。また、そのような迷った考え。邪念」「ありえないことを、みだりに想像すること。みだらな考えにふけること。また、そのような想像。空想。夢想。ぼうそう」だそうで、かなりネガティブ。また自分の専門とする分野以外への言及を控えるのも、研究者としての誠意と評価される。だが自戒のあまり、学問の面白さを伝えられないのでは本末転倒だろう。

 専門とする古典文学の理解には、それが書かれた時代の人々の眼差(まなざ)し、世界観を疑似的にでも持つこと、つまり妄想する力を鍛え直すことだ、と考える著者は、そのとおり書名に『妄想古典教室』(木村朗子(さえこ)著・青土社・2200円)と「妄想」を冠する。そして、たとえば巫女(みこ)であり遊女でもある女がテーマなら、『大鏡』『今昔物語』『梁塵秘抄』などから語り起こし、絵巻「春日権現験記絵」に描かれた巫…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文849文字)

あわせて読みたい

注目の特集