十六銀行の資産管理アプリ好調 10万ダウンロードで式典

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
資金管理アプリ「ウォレットプラス」の十六銀行をメイン口座とするダウンロード数が10万件を突破し、記念式典でくす玉を割る個人営業部の本山栄二部長(左端)=岐阜市神田町8の十六銀行本店で2021年3月4日午前9時7分、井上知大撮影
資金管理アプリ「ウォレットプラス」の十六銀行をメイン口座とするダウンロード数が10万件を突破し、記念式典でくす玉を割る個人営業部の本山栄二部長(左端)=岐阜市神田町8の十六銀行本店で2021年3月4日午前9時7分、井上知大撮影

 十六銀行(岐阜市)は、スマートフォン向け資金管理アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」で、同行をメイン口座として選んだ顧客のダウンロード数が10万件を超えたと発表した。

 ウォレットプラスは、ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティング(福岡市)が手がけるお金管理アプリ。利用者が自動車購入や住宅購入、旅行といった使い道を設定して預金する「目的預金」サービスが特徴だ。

 十六銀行のほか、広島銀行(広島市)や沖縄銀行(那覇市)など全国9行の地銀がサービスを展開。自動車販売店や住宅メーカーなどのマーケティングにも活用し、提携先企業約50社がアプリ内で広告やクーポンを配信している。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集