特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

海外客断念、崩れた「完全な五輪」 感染再拡大なら経済効果相殺

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの影響で観光客が激減し、空きが目立つコインロッカー=東京都台東区のJR上野駅で2020年4月25日、玉城達郎撮影
新型コロナウイルスの影響で観光客が激減し、空きが目立つコインロッカー=東京都台東区のJR上野駅で2020年4月25日、玉城達郎撮影

 今夏の東京オリンピック・パラリンピックの海外からの観客受け入れを見送ることについて、政府、東京都、大会組織委員会に国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表者を交えた5者による協議が20日、始まった。「完全な形」で開催するはずの東京五輪はその前提が大きく変わることになる。

 東京大会の1年延期を提案した安倍晋三前首相は在任中、「人類が新型コロナに打ち勝った証しとして、完全な形で実施する」とその意義を訴えてきた。安倍氏にとって「完全な形」を象徴するのが海外からの観光客の存在だった。

 安倍政権が掲げた経済政策「アベノミクス」では、インバウンド数が成長戦略の一端を支えてきた。訪日客数の目標を東京五輪が開催される予定だった2020年に4000万人まで増やす目標を設定。ビザの発給要件を緩和するなどして右肩上がりで伸びていたが、インバウンドは昨年、前年比87%減の411万人に落ち込んだ。

 政府関係者は…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1102文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集