引けぬ米中 価値観の対立鮮明に 批判は「前菜」、焦点は協調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談に臨むブリンケン米国務長官(右から2人目)と中国の楊潔篪・共産党政治局員(左から2人目)=米アラスカ州アンカレジで18日、AP
会談に臨むブリンケン米国務長官(右から2人目)と中国の楊潔篪・共産党政治局員(左から2人目)=米アラスカ州アンカレジで18日、AP

 バイデン米政権発足後初めてとなった米中外交担当トップの会談は19日、両国が台湾や人権問題などで譲らずに第1ラウンドを終えた。激しいやり取りは双方が織り込み済みだった模様で、今後は気候変動対策などで協調できるのかが焦点となりそうだ。

「一貫した発信」「強い立場」示す米

 「中国側が身構えた反応をするのは驚きではない」。ブリンケン米国務長官は19日、会談終了後に記者団にそう述べた。18日の会談冒頭では、ブリンケン氏が、中国が譲歩できない「核心的利益」の新疆ウイグル自治区や香港、台湾の問題に深い懸念を表明。中国側は「内政干渉」と猛反発し、非難の応酬となった。

 米国側の狙いは、人権問題、安全保障、経済分野などで「米国の懸念と優先事項を率直に中国に伝達し議論する」(ブリンケン氏)ことだった。バイデン政権は現在、幅広い分野にわたる対中戦略の策定中で、政府高官は「じっくり腰を据えて協議し、理解したものを持ち帰って評価することが最も重要だ」と話す。カメラの前で激しいやり取りを見せた後は、数時間ずつの協議を3回にわたって行った。

 米国側がこだわったのが「一貫したメッセージの発信」と「強い立場」からの議論だった。ブリンケン氏に同席したのは、サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)。外交の司令塔の国務長官と安保担当の大統領補佐官が2人で会談に臨むのは異例だ。政府高官によると、過去の政権では中国側がそれぞれに異なるアプローチをし、米政権内の「分断」を図ったことがあるという。高官は「政権が一つにまとまっていることを最初から中国に示す狙いがあった」と明かす。

 更に同盟国などの中国に対する懸念を把握し、対中包囲網の構築の動きを見せながら中国側との会談に臨んでいる。

 12日に日米豪印の4カ国(通称クアッド)による初の首脳会合をオンラインで開催し、ブリンケン氏は15~18日に日韓を歴訪した。そのまま中国に足を延ばさず、会談場所も「米国内でなければならない」(ホワイトハウスのサキ報道官)とこだわり、アラスカに呼びつける形をとった。首都ワシントンでの会談は「招待」の印象も与え、現在の米中関係では「時期尚早」との含みも持たせている。

 強硬姿勢を前面に出すバイデン政権だが、…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文2079文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集