鶴ケ城で春の訪れを告げる「会津彼岸獅子」 福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 会津地方に春の訪れを告げる「会津彼岸獅子」が春分の日の20日、福島県会津若松市の鶴ケ城で披露された。見物客らは青空の下、笛や太鼓の音色に合わせて勇壮に舞う3体の獅子に見入っていた。

 春の彼岸に五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を願う伝統行事。200年以上前から続き、市の無形民俗文化財にも指定されてい…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

あわせて読みたい

注目の特集