特集

大坂なおみ(テニス)|東京オリンピック

「うつ」告白からの復帰戦。精神的な不安は完全に癒えるはずもないが、母国日本での五輪に参加したい思いがある

特集一覧

大坂なおみ専属・中村豊のトレーナー通信

全豪の勝負どころで見せた「オン」のサイン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
肘から肩、腕まで真っすぐ一直線にする。あごを引き、頭からかかとまで真っすぐな軸を意識=中村さん提供
肘から肩、腕まで真っすぐ一直線にする。あごを引き、頭からかかとまで真っすぐな軸を意識=中村さん提供

 テニスの4大大会の全豪オープン女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手。4大大会の決勝は4戦4勝で、専属トレーナーの中村豊さん(48)は「スイッチがオンのなおみは本当に強い」と言う。大事な試合で最高の状態に持っていく大坂選手のピーキングのうまさとは――。

完全なオフはほぼない

 新型コロナウイルスの感染拡大により、全豪は3週間遅れの開催でした。優勝の1カ月後、23日からマイアミ・オープン(米フロリダ州)に出場。今シーズンが始まるまで長かった分、駆け足で進んでいる感覚がありますね。

 全豪を終えて2日後に出国し、なおみと一緒に米国に戻ってきました。優勝セレモニーやメディア対応があり、一息つく間もなく移動しました。そこから2週間はオフです。テニスはやって…

この記事は有料記事です。

残り3022文字(全文3348文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集