特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

鳥取城北が三島南に競り勝つ 鳥取勢13年ぶり白星 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【鳥取城北-三島南】力投する鳥取城北先発の広田=阪神甲子園球場で2021年3月20日、平川義之撮影 拡大
【鳥取城北-三島南】力投する鳥取城北先発の広田=阪神甲子園球場で2021年3月20日、平川義之撮影

 第93回選抜高校野球大会は第2日の20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、2年連続3回目出場の鳥取城北が、初出場で21世紀枠の三島南(静岡)に6-2で勝利した。鳥取城北はセンバツ初勝利で、鳥取県勢のセンバツ勝利も2008年(80回)大会の八頭以来13年ぶり。

 鳥取城北が集中打で突き放した。1点を追う五回1死一、二塁、中木村の投前安打に悪送球が絡んで2点を奪い逆転し、続く畑中の中前適時打で追加点。九回にも3点を加えた。先発・広田は打たせて取る投球で2失点完投した。三島南は二回に冨岡の犠飛で先制し、六回には小堂の中前適時打で1点を返したが、及ばなかった。

鳥取城北・山木博之監督

 (センバツ初勝利)勝ちたい気持ちが強かった。たくさんの支えに応えられてうれしい。(先発した)広田は粘り強く、ヒットを打たれながらも本塁を踏ませない投球を続けてくれて、よく頑張った。

三島南・稲木恵介監督

 六回の1死二、三塁から同点、逆転につなげられなかったのが(勝敗の)一番のポイントだった。(九回に前田への継投は)思った以上に植松の球数が増え、120球を交代の目安に考えていた。延長を考えて前田に託した。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集