特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

「まだまだ50点かな」鳥取城北・山木博之監督 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鳥取城北の山木博之監督=幾島健太郎撮影 拡大
鳥取城北の山木博之監督=幾島健太郎撮影

 第93回選抜高校野球大会は第2日の20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、2年連続3回目出場の鳥取城北が、初出場で21世紀枠の三島南(静岡)に6-2で勝利した。

鳥取城北・山木博之監督

 しのぎあいのゲームで点差以上に、心身ともに選手たちに疲れが残ったのでは。初戦で(選手たちが)硬い状況だったので、先に点を取られて追いかける方が楽になるのかなとも思い、(先制され)「よし」という気持ちでいたが、なかなか思うような形になれなかった。広田(周佑投手)が持ち味を出してくれて、粘り強くヒットを打たれながらも本塁を踏ませない投球を続けてくれたのが、良かった。よく頑張りました。

 一冬頑張ってきた攻撃力で全国に勝負しにいきたい気持ちがあった。ただ、相手の植松(麟之介)投手の持ち味に抑えられてフライアウトも多く、(攻撃については)まだまだ50点かな。(3安打と大活躍した)中木村(連次郎選手)はすごく真面目で一生懸命。春先になって守り、小技が安定してきたので抜てきした。きょうは本当にいいプレーで100点。すごく私もうれしい。

畑中未来翔主将「日本一を目指す」

 (五回3点目の適時打は)1死三塁で、走者も足が速いので絶対に外野に打とうと思っていた。九回の犠飛も同じ気持ちで打席に入った。相手の植松(麟之介)投手は緩急をうまく使ってくるピッチャーなので、練習から主に変化球を打つなど緩急を意識してバッティングした。(抑えられて)序盤は空気が重かったが、五回は中木村(連次郎選手)のバントから得点を奪えた。周りの見えた攻撃が得点につながった。

 (2年連続のセンバツ選出)去年はコロナで中止になったので上級生のためにも頑張ろうという気持ちがあったし、コロナ禍で感動を与えるようなプレーをしようと思った。(チームはセンバツ初勝利)まず1勝ということで、ずっとやってきた。この1勝で勢いづいて2勝、3勝と、日本一を目指して頑張っていきたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集