特集

ニュース|第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会のニュースです。

特集一覧

東海大系列、似通うユニホーム 見分け方も話題に 選抜高校野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大相模-東海大甲府】似たユニホームを着た東海大相模の選手(右)と東海大甲府の選手=阪神甲子園球場で2021年3月20日、平川義之撮影
【東海大相模-東海大甲府】似たユニホームを着た東海大相模の選手(右)と東海大甲府の選手=阪神甲子園球場で2021年3月20日、平川義之撮影

 「どっちがどっち?」――。兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催中の第93回選抜高校野球大会は第2日の20日、1回戦で東海大相模(神奈川、2年連続12回目)と東海大甲府(山梨、5年ぶり6回目)の「東海大系列校対決」がセンバツで初めて実現した。延長十一回の末、東海大相模が3-1で競り勝った熱戦は、系列校ゆえにユニホームが似通っていることから、試合開始直後からネット上では驚きや戸惑いの声が上がった。

 ともに縦じまで、胸に筆記体で「Tokai」の文字が入った薄いブルーのユニホーム。「甲府」の方がわずかに青色が薄いのだが、ほぼ見分けがつかない。二回表裏の開始時にスタンドに流れる校歌も同じメロディー。ネット上では「ユニホームが同じでどっちがどっちか分からん」「同じチームの紅白戦みたい」といった投稿や、「スパイクの色が白が東海大相模、黒が東海大甲府」と見分け方を伝える声もあった。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1240文字)

あわせて読みたい

注目の特集