特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

ベストな「つなぎ」 東海大相模・門馬敬治監督 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東海大相模の門馬敬治監督=玉城達郎撮影 拡大
東海大相模の門馬敬治監督=玉城達郎撮影

 第93回選抜高校野球大会は第2日の20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、2年連続12回目出場の東海大相模(神奈川)が5年ぶり6回目出場の東海大甲府(山梨)に延長十一回、3-1で勝利。センバツでは初となる東海大系列校同士の対戦を制した。

東海大相模・門馬敬治監督

 最初から最後まで息の抜けないというか、緊張感が途切れることのない試合だった。正直ほっとしている。(背番号18の)石川(永稀投手の先発)は、私の中では当たり前に起用した。ここ最近状態が良く、充実した練習ができていた。表情も言葉も良くなっていた。公式戦初先発で、よく投げてくれた。できすぎ。(エースの)石田(隼都投手)を後ろに持っていくことでなかなか点数が入らないとすれば、石田にも余力があるだろうし、ベストな「つなぎ」をしたと思う。

 (打者が投手寄りに立ったのは)とにかく相手の若山(恵斗)投手がよく、特に高低でなく幅を使う投手なので。ベンチで見ているより(横の)角度がある。とにかく角度を消すためだった。

 (同じ東海大系列校の対戦)抽選のいたずらで、昨秋の地区大会と同じ相手になった。同じたてじまのユニホームだが、意識はなかった。始まってしまえば、相手を上回ることが一番大事。

大塚瑠晏主将「不安はなかった」

 大きな軸として石田(隼都投手)がいるが、(先発した)石川(永稀投手)の調子も良く、不安はなかった。ただ、石川は経験がない分、自分たち守備が守ってやりたいなと思っていたので、それができて良かったと思う。ロースコアのゲームで、粘れたことが良かったと思う。

 相手の若山(恵斗)投手はとにかく真っすぐに角度があって、いい球を投げるので苦戦した。練習でも(打者が投手寄りに立つ)対策をした。

 (東海大系列対決となったが)そこまで意識することはなかった。初戦ということで勝ちたいと思っていた。次も一戦必勝で、絶対に勝ちたい。初回から攻める気持ちを忘れず、攻めて勝ちにつなげたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集