東日本大震災10年

気仙中の旧校舎、内部見学可能に 陸前高田市 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 陸前高田市は19日、高田松原津波復興祈念公園内にある東日本大震災の遺構・市立気仙中の旧校舎や、旧道の駅高田松原「タピック45」が、5月から内部見学可能となったと明らかにした。公園の海側にあり、景勝地として知られた高田松原の砂浜も復旧し、震災から10年を経て一般開放される。4月1日から。

 市などによると、二つの遺構を見学するに…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文228文字)

あわせて読みたい

注目の特集