特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

第93回選抜高校野球 東海大甲府、力尽く 八回同点打、延長で涙 監督、主将の話 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <センバツ高校野球>

隙が勝敗を分けた 東海大甲府・村中秀人監督

 ここ一番で予想もしなかったパスボールが出た。また八回1死二、三塁の攻撃で(適時打で追いついたものの、本塁で憤死した二塁からの)走者を回してしまった。ここは冷静さを保ってほしかった。ほんのちょっとした心の隙(すき)が勝敗を分けた。まさか右腕の(石川永稀)投手でくるとは。意表を突かれた。若山恵斗投手は気持ちが強く、どんな舞台でも投げることができる証拠を見せてくれた。

自分のミスが出た 東海大甲府・三浦諒太主将

 先発の若山(恵斗投手)が頑張ってくれていた中で援護ができなかった。大事なところで技術不足から自分のミスが出た。(先輩方や応援してくれている地域の方々には)勝つことが一番の恩返しと思っているので、恩返しできなかったのは申し訳ない。野手はよく守ってくれ、若山もよく投げていて、守備自体は悪くないと思う。バッティングをもう一度考えながら、自分の弱さをなくしていきたい。

あわせて読みたい

ニュース特集