特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 私たちの音源、力に カタリナ・吹奏楽部員ら、応援曲事前収録 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
音源収録に臨む聖カタリナ学園吹奏楽部員ら=松山市の同校で2021年3月12日午後4時41分、斉藤朋恵撮影 拡大
音源収録に臨む聖カタリナ学園吹奏楽部員ら=松山市の同校で2021年3月12日午後4時41分、斉藤朋恵撮影

 <センバツ2021>

甲子園での演奏禁止

 第93回選抜高校野球大会第5日の23日に初戦を迎える聖カタリナ学園の吹奏楽部員らが、試合中に流す応援曲を同校で演奏・収録した。新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染防止のため、アルプス席でのブラスバンド演奏が禁止されるが、代わりに出場校の吹奏楽部が事前に録音した音源を流すことができる。

 収録には部OBらも駆けつけて計18人が参加。曲目は野球部から事前にリクエストを受け、学校の聖歌と校歌を応援用に編曲した「聖カタリナメドレー」の他、定番の「紅」「パラダイス銀河」など打順ごとに9曲を収録した。

 「事前収録」が決まってから実際の録音まで日がなく、かつ同校では修学旅行の日程も重なる厳しいスケジュールに。顧問の岸洋一郎教諭(49)は収録後「現地に行けないことは残念だが、皆さんの気持ちがしっかり(音源に)入ったと思う」と部員に伝えた。

 副部長の田中菜月さん(17)は「(録音した曲を収めた)CDでの甲子園は初めてで、どんな風になるかわからないが楽しみ。少しでも演奏が力になれば」と話した。

 チアリーダーなどによる応援は可能なため、同校チアダンス部員らはスタンドからナインらを鼓舞する予定だ。【斉藤朋恵】

あわせて読みたい

注目の特集