自助といわれても

乏しい支援、遠い独り立ち 15歳の母に世間冷たく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
15歳で出産した優子さん(右)。母子手帳には、出産の1週間後に描いた娘の似顔絵を大切に挟んでいる(画像の一部を加工しています)
15歳で出産した優子さん(右)。母子手帳には、出産の1週間後に描いた娘の似顔絵を大切に挟んでいる(画像の一部を加工しています)

 10代での妊娠・出産は「若年妊婦」「若年出産」と呼ばれる。厚生労働省によると、2019年の出生数は86万5239人で、そのうち「若年出産」で産まれた子は7782人に及ぶ。多くが結婚前で「予期しない出産」とみられ、その後シングルマザーになるなど経済的に苦しむケースが多い。中学3年の15歳で出産し、現在子育て中の女性(22)が自身の体験を打ち明けてくれた。【野村房代】

 20年11月、ある日曜日の午後。待ち合わせした関東郊外の駅に現れたのは、近藤優子さん(仮名)。白いニット、茶色の膝丈スカートにベージュのコート姿。22歳には見えない落ち着いた雰囲気だ。取材に応じた理由をこう語った。

この記事は有料記事です。

残り2184文字(全文2476文字)

あわせて読みたい

注目の特集