連載

英月の極楽シネマ

京都の大行寺で住職を務める英月さんが仏教の次に大好きな映画について紹介する。

連載一覧

英月の極楽シネマ

SNS-少女たちの10日間-(2020年、チェコ) 人がはらむ「魔」を直視する

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 児童への性的搾取の実態を知るためのある「実験」を追うドキュメンタリーです。童顔の成人女優3人が12歳のフリをして偽のSNSアカウントを開いたところ、たった10日間で2458人もの男性が連絡してきました。この映画が証拠となって現地の警察が動きますが、この手の犯罪が無くなったわけではなく、今も世界のどこかで行われています。

 この映画に出てくるオオカミのような人たちは、愛する妻がいて孫もいる人、子ども相手の仕事をしている人など、普通に日常生活を送っています。その延長で、少女を平気で恐喝し脅迫する。そんな彼らを異常者という言葉で片付けるのは簡単です。けれども普通の人が豹変(ひょうへん)するのなら、私だって豹変しないとは言い切れません。認めたくありませんが。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文557文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集