経営者、障害を機にバリアフリー化 車いすで入れる銭湯 大津湯再オープン「気軽に来て」 大津 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「大津湯」代表の米谷基広さん(右)と妻で若女将の智也子さん。浴槽に手すりを設置するなど、体が不自由な人も利用しやすくなった=大津市大門通の同店で2021年2月22日午後2時33分、小西雄介撮影
「大津湯」代表の米谷基広さん(右)と妻で若女将の智也子さん。浴槽に手すりを設置するなど、体が不自由な人も利用しやすくなった=大津市大門通の同店で2021年2月22日午後2時33分、小西雄介撮影

 障害のある人が安心安全に利用できる銭湯に――。大津市大門通の「大津湯」は、代表の米谷基広さん(44)が脳出血で倒れて障害が残ったことを機に、妻で若女将(おかみ)の智也子さん(47)がバリアフリー化を進め、2020年11月に再オープンした。車いすのまま利用できるよう店の入り口にスロープを設置し、浴槽には手すりをつけた。評判は上々で、京都から訪れる人もいるという。【小西雄介】

 大津湯は1959年に基広さんの両親が開業し、家族経営を続けてきた。転機が訪れたのは2017年。女将だった母が膵臓(すいぞう)がんで亡くなり、会社員だった智也子さんは退職して番台に立つように。義父を介護しながら掃除を手伝うなどしたが、基広さんの負担は増していった。

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1088文字)

あわせて読みたい

注目の特集