コロナ禍、苦境の演劇界盛り上げよう 地元の詩人、俳優ら共演 感染対策し舞台上演 山口市 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「不思議の国のアリス」に詩や講談など異ジャンルを取り入れて独特の世界観を表現した舞台
「不思議の国のアリス」に詩や講談など異ジャンルを取り入れて独特の世界観を表現した舞台

 新型コロナウイルス禍で苦境が続く演劇界を盛り上げようと、県内を拠点にする詩人や俳優、講談師などが共演する演劇「アリスのティーパーティー」が山口市滝町の県政資料館で上演された。山口市の詩人、陳樹立(チェンスウリー)さん(43)が脚本・演出を手がけ、児童文学の名作「不思議の国のアリス」の登場人物などを軸に、コロナ禍にも通じる生きていく苦悩や勇気をユーモアを交えて描いた。

 演劇は13、14両日に人数を制限した上で、消毒や検温を徹底して上演した。「不思議の国のアリス」が原作で、物語から10年後の世界を、詩や講談など異ジャンルの表現を取り入れて描いた。現実世界で居場所を見失いかけていた少女アリスが、再び訪れた不思議の国で自身の心を見つめ直していく。風変わりな住人と折り合いをつけ奮闘するアリスの姿に、「コロナ禍でいや応なく変革が求められる社会だからこそ、舞台表現が良い変…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文632文字)

あわせて読みたい

注目の特集