連載

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

連載一覧

風知草

現代日本政治の謎=山田孝男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵・五十嵐晃
絵・五十嵐晃

 リチャード・ロイド・パリー「津波の霊たち」の邦訳を文庫版(早川書房、1月刊)で読み返し、「政治に対する日本人の無関心、嫌悪、あきらめ」というくだりが頭に残った。

 被災地で2014年末の衆院選を観察した著者の回想の一節である。

 著者は「殺し合いも略奪もない、被災者たちの礼儀正しさ、広大無辺な慈悲の心」を絶賛する一方、「政治の不毛も自然災害のようなもので、我慢するしかない」と考えがちな日本人の履き違えを問う。

 この問いは、日本が、いや応なく国際政治への関与を深め、対話能力を競わざるを得ない現代において重要だと私は思う。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1339文字)

あわせて読みたい

注目の特集