連載

影山貴彦のテレビ燦々

同志社女子大学メディア創造学科教授・影山貴彦さんがつづるテレビにまつわるコラムです。

連載一覧

影山貴彦のテレビ燦々

風間俊介好演「やっぱりおしい刑事」 愛すべきキャラ、思わずホッと

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3月28日放送の「やっぱりおしい刑事」第4話の一場面=NHK提供
3月28日放送の「やっぱりおしい刑事」第4話の一場面=NHK提供

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 隙(すき)のない人間より、少し抜けているタイプに好感を持つ人は多いのではないか。コロナ禍以前から、昨今の社会は他人のアラを探すことにばかり躍起になっている傾向が大だ。息苦しさを慢性的に感じる、言わば「酸欠状態」の環境を改善したいと願っている人は多いはずだが、なかなか個人の思いが社会全体に反映しないのはなぜだろう。

 せめてドラマの世界では愛すべきキャラクターを堪能したい。7日から放送中のドラマ、風間俊介主演の「やっぱりおしい刑事」(NHKBSプレミアム)に、ホッとさせられている。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文763文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集