福島・震度5弱地震で女性けが 南相馬市ブルーシート配布

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
震度5弱の地震の後、雨に備えてブルーシートを受け取る住民=福島県南相馬市原町区の防災備蓄倉庫で2021年3月21日、高橋秀郎撮影
震度5弱の地震の後、雨に備えてブルーシートを受け取る住民=福島県南相馬市原町区の防災備蓄倉庫で2021年3月21日、高橋秀郎撮影

 20日午後6時過ぎに相馬市などで最大震度5弱を観測した地震で、福島県内では1人が軽傷を負い、交通機関にも影響が出た。県などによると、伊達市の女性(77)が揺れで自宅で転倒し、腰の付近に軽いけがをした。

 震度5弱だった南相馬市は21日、雨に備えて市内4カ所でブルーシート(3・6メートル×5・4メート…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

あわせて読みたい

注目の特集