木村花さん中傷投稿で遺族が提訴 「向き合って考えてほしい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演し、その後に亡くなったプロレスラーの木村花さん(当時22歳)を中傷したとして、母の響子さんが、長野県の男性に約300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。22日にあった第1回口頭弁論で男性側は出廷せず、反論もしなかった。

 訴状によると、花さんは2020年3月、番組内で出演者とのトラブルの様子を放映され、ネット交流サービス(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷の投稿が相次いだ後の同年5月に亡くなった。男性は花さんの死後、「あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう」「最後まで迷惑かけて何様? 地獄に落ちなよ」とツイッターに投稿したという。発信者情報の開示手続きで男性を特定した。

 響子さん側は、花さんと直接関わりがなかったとみられる男性が、極めて強い調子で花さんの行動を批判していると指摘。社会通念上許される限度を超えた侮辱的表現の投稿で、花さんを思う響子さんの気持ちを侵害したと訴えている。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文900文字)

あわせて読みたい

注目の特集