特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

八戸西・宮崎一綺主将「初の甲子園、浮足立った」 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宮崎一綺選手
宮崎一綺選手

 第93回選抜高校野球大会は第3日の22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われた。ともに21世紀枠の初出場2校が対戦し、八戸西(青森)は具志川商(沖縄)に3―8で敗れた。

八戸西・宮崎一綺主将

 今まで支えてくれた方々への思いが強く、情けない気持ちがあるが、甲子園の舞台に立てて素直にうれしい。初めての甲子園の試合で、自分たちに必要なものが明確に分かった。いつも通りの気持ちができなかったという選手が多かったので精神面や、守備のエラーが多かったので基礎練習からしっかりやっていきたい。浮足立っていた部分がみえた。そこで慌てずにできていれば、もっといい試合展開になったのではないかと思う。(失策については)初めての土やグラウンドでバウンドの合わせ方や、球場(グラウンド)が(観客席に)包まれているというのがあって距離感への対策が足りなかった。(21世紀枠として、いろいろな人に支えられ)応援に来てくれてありがとう、勝てなくてごめん、しっかり夏頑張ると伝えたい。大舞台でできたことが大きな収穫。青森に戻って一から仕切り直して、夏に向けて全員でやって、この舞台に帰ってきて試合をしたい。

小川貴史監督「福島、本来の調子ではなかった」

 福島(蓮投手)と(具志川商の)新川(俊介)投手との投げ合いで、福島が本来の調子ではなかったことが大きく、新川投手が思っていたより素晴らしいピッチャーだった。試合が始まってすぐにこれはやばいな、あまり点数を取れないと思っていたところで、二回に大量失点してしまい、なんとか食らいつきたい試合展開だった。

 (六回に広田大和投手に交代したのは)福島は途中から修正する力があり、変化球を交えて抑えていたとこもあって期待はしていたが、点数も離れていたので思い切って流れを変えたいと思って代えた。

 (防ぎたかった失点は)二回の4点のところ。失策、送球、カバーリング、防げるミスもあったので最少失点でどっしり行ければもうちょっと違う展開だったかなと思います。

 (新川投手の攻略の指示は)球種的には真っすぐとスライーでぐいぐい来ていたので速い球に合わせてどんどん行くしかないと。消極的にならずに行けという指示をした。

 五回以降に途中から出た選手を含め秋に戦ったメンバーで今回は臨んだが、いろんなパターンを作り力をアップしていかないと夏は勝てない。すごい悔しいので夏、絶対に帰ってきたいと思う。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集