連載

スポーツの今

新型コロナの影響を受ける中、さまざまな地域から「スポーツの今」を報告します。

連載一覧

スポーツの今

スポーツの今 復活を期す田村高 駅伝男子監督は体育科1期生

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1968年の全国高校駅伝出場校が記された壁掛けを手にする田村高陸上部の佐藤修一監督=福島県三春町の同校で2021年2月4日午後4時22分、上鵜瀬浄撮影
1968年の全国高校駅伝出場校が記された壁掛けを手にする田村高陸上部の佐藤修一監督=福島県三春町の同校で2021年2月4日午後4時22分、上鵜瀬浄撮影

 福島県郡山市から車で30分ほどの三春町にある県立田村高は陸上の強豪校だ。師走の風物詩、全国高校駅伝では女子が1998年の第10回大会で優勝し、男子は95年の第46回大会で2位に入った。近年は県内のライバル学法石川の勢いが上回るだけに、OBでもある男子の佐藤修一監督(44)は「打倒・学法石川」を掲げ、指導に当たっている。

 田村高は全国高校駅伝出場が男子22回、女子20回でともに県内最多を誇る。男子は63年に初出場し、94年からは11年連続出場して一時代を築いた。だが、2011年から学法石川に県代表の座を奪われている。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1004文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集