新型コロナ 筑豊地区でも優先接種 飯塚市立病院 医療従事者向け開始 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
看護師から新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける武冨院長
看護師から新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける武冨院長

 筑豊地区でも医療従事者への新型コロナウイルスワクチンの優先接種が始まり、飯塚市の市立病院では22日、武冨章院長ら職員40人が接種を受けた。

 市立病院によると、同院には医師・看護師ら職員の他に施設メンテナンスなどの出入り業者ら総勢約460人がおり、このうち約390人が接種を希望。計画では、1日最大40人が10日間かけて接種を…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

ニュース特集