中国・新疆に厳戒刑務所 ウイグル族を拘束か 公安「撮るな、消せ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「刑務所」とされる施設の門。施設名はなく標語のみが記されていた=新疆ウイグル自治区アクスで2021年3月1日
「刑務所」とされる施設の門。施設名はなく標語のみが記されていた=新疆ウイグル自治区アクスで2021年3月1日

 新疆ウイグル自治区西部に位置し、古代シルクロードのオアシス都市だったアクス。市中心部から褐色の荒野を一路南に走ると、突如、大きな建物が建ち並ぶ地区があった。オーストラリアの研究機関「戦略政策研究所」(ASPI)は2020年9月、衛星写真の分析などからこの施設を「17年以降に新設、拡大された、ウイグルなどの少数民族を多く拘束する収容所」とする報告書を公表した。(6面に「新潮流」)

 門に施設名などを示す表札はない。「初心を忘れず、使命を心に刻む」。ただ両側に習近平国家主席が幹部会議などで強調する言葉が記されていた。ASPIによると、この場所は元々、倉庫や農地だった。

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1033文字)

あわせて読みたい

注目の特集