特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

+2℃の世界

地域の挑戦 海中の「南国化」、生態系危機

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <くらしナビ 環境>

 高知県など四国沿岸では、冬場に水温が下がりにくくなったため、海中の「南国化」が進んでいる。地球温暖化は、身近な海の生態系とその恵みを受けていた人々にどのような影響を及ぼしているのだろうか。

 ●高知で南方系サンゴ定着

 四国の太平洋側沿岸には、温暖な黒潮が南から流れ込み、豊かな生態系が形成されてきた。かつては浅瀬に藻が繁茂し、アワビなど貝類が豊富に育つ海域だったが、温暖化による海水温の上昇で、その景観は大きく変わりつつあるという。

 「黒潮で運ばれてきた南方系のサンゴが定着し、越冬できるようになった。元々四国に生息していたサンゴとともに生息域を拡大し、藻場がサンゴに置き換わってきている」。高知県を中心に、四国で海洋調査などを行う公益財団法人・黒潮生物研究所(同県大月町)の目崎拓真所長(サンゴ礁学)は説明する。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1758文字)

【気候変動】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集