特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会(2022年)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 明豊10-9東播磨 終盤の明豊、判断果敢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東播磨-明豊】延長十一回裏明豊無死満塁、代打田中の時、東播磨の鈴木(右奥)が暴投。サヨナラのホームインを果たし喜ぶ、明豊三塁走者の黒木(手前)。左奥は一塁走者の山本=阪神甲子園球場で2021年3月22日、津村豊和撮影 拡大
【東播磨-明豊】延長十一回裏明豊無死満塁、代打田中の時、東播磨の鈴木(右奥)が暴投。サヨナラのホームインを果たし喜ぶ、明豊三塁走者の黒木(手前)。左奥は一塁走者の山本=阪神甲子園球場で2021年3月22日、津村豊和撮影

 <2021 第93回センバツ高校野球>

第3日(22日・阪神甲子園球場)

 明豊が点の取り合いとなった総力戦を制した。延長十一回、四球と米田の左前打、山本の投手への内野安打で無死満塁とし、最後は暴投でサヨナラ勝ち。東播磨は1点を追う九回、1死三塁から鈴木の三ゴロで三塁走者が生還し、追いつく粘りを見せたが及ばず。両チーム合わせて21四死球と、互いに投手陣は不安定だった。

 序盤から激しく点を取り合い、今大会初めて外野の照明に灯がともった。3時間を超える激戦にも、明豊の選手たちは落ち着いていた。常に緊張感のある場面を想定し、「練習から一つ一つのプレーでプレッシャーを感じるようにやっている」。一球の大切さを胸に刻んできた黒木の積極性が、勝利への鍵になった。

 九回に東播磨に追いつかれ、迎えた延長十一回。先頭打者として四球で出塁し、続く米田の4球目に仕掛けた。「ここで行くべきだ」と自らの判断で盗塁を狙ってスタート。甘い球を逃さなかった米田が左翼線へ運ぶと、黒木は一気に三塁を陥れた。無死満塁から相手の暴投に反応し、ヘッドスライディングで本塁へ滑り込んだ。

 同点とされた直後の六回にも勝負強さを発揮した。連続四球などで得た1死満塁の好機に左打席へ。相手投手が制球に苦しんでいただけに、球を見極める選択肢もあったが、「ストライクを取りにくると思って狙っていた」。川崎監督の「思い切って引っ張ってよい」とのアドバイスも効き、初球のスライダーを迷いなく振り切り、右中間を破る走者一掃の三塁打を放った。

 チームは昨秋の九州大会で、2試合連続で終盤に逆転劇を演じた。「常に後半勝負はイメージしておこう」と言い続けてきた川崎監督の期待に応えるように、大舞台でも「終盤の明豊」は健在。主将の幸は「最初からこういう展開は予想していた。後半勝負を目標に勝ちにこだわりたい」。自信はさらに深まった。【田中将隆】

東播磨、刻んだ足跡 「ゴロ・ゴー」九回同点

九回表東播磨1死三塁、鈴木の内野ゴロの間に三塁走者の高山(右奥)が本塁を突き、同点=津村豊和撮影 拡大
九回表東播磨1死三塁、鈴木の内野ゴロの間に三塁走者の高山(右奥)が本塁を突き、同点=津村豊和撮影

 三塁走者の高山は、5番・鈴木が打席でテークバックを取ると同時に、猛然と本塁に向かってスタートを切った。バットに当てた鈴木の打球を明豊の三塁手が捕球した時には、高山はすでに本塁前まで到達。1点を追う東播磨の九回1死三塁の同点劇。ベンチのサインは「ゴロ・ゴー」。三塁走者であっても、果敢に仕掛けたエンドランだった。

 21世紀枠として春夏通じて初出場を果たした東播磨。グラウンドは他部との共用で、平日は自由に打撃練習さえできない悩みもある。だが、2008年夏と11年春に加古川北(兵庫)で2度甲子園に出場した福村監督が掲げるのは「走姿顕勢(そうしけんせい)」。走る姿で勢いをつける意味の造語で、走塁に特化したチームを作り上げてきた。

 「徹底的に点を取ろうと思った」と福村監督。三回も1死三塁から「ゴロ・ゴー」を成功させた。臨時代走で本塁生還を果たした主将の原は「打者と走者の信頼関係が大事。(打者がバットに)当ててくれると思ってスタートを切った」と胸を張った。

 「記憶に残るいい点の取り方はあった。自信を持ちたい」と原。12四死球に9安打を絡めて、ひるむことなく攻め続けて奪った9得点。敗れはしたが2度も追いつく粘りの攻撃は、甲子園に強烈な印象を残した。【藤田健志】


 ○…1回戦…○

 △午後2時12分開始(観衆8000人)

東播磨(兵庫)

  30100130100=9

  30200400001=10

明豊(大分)

 (延長十一回)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

最新写真

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集