特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ下の体衰え、確認 高齢者、外出減響く 3自治体調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスが流行した後、65歳以上の高齢者の身体機能が低下したとする調査結果を、大阪市や東京都豊島区、多摩市の3自治体がそれぞれまとめた。外出や運動する機会が大きく減ったためとみられる。コロナによる影響で高齢者の身体や認知機能が衰える「フレイル」(虚弱)の増加が指摘されており、複数の自治体調査でこれが確認されたと言えそうだ。

 大阪市は、緊急事態宣言の期間を含む2018~20年度の3年間、同じ高齢者約200人を追跡。体のバランス能力と筋力をそれぞれ測定したところ、2年目から3年目にかけて悪化した割合が54%と73%だった。感染が広がる前の17~19年度の3年間に測定した時の割合(36%と44%)と比べてひどく、同市の担当者は「コロナに伴い外出や人と話す機会が減って悪化したと考えられる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文636文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集