特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

萩市長選 初当選の田中氏 「林芳正氏のくら替えに影響ある」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
萩市長選で初当選し、記者会見で抱負を述べる田中文夫氏=山口県萩市で2021年3月22日午前10時4分、遠藤雅彦撮影
萩市長選で初当選し、記者会見で抱負を述べる田中文夫氏=山口県萩市で2021年3月22日午前10時4分、遠藤雅彦撮影

 21日投開票された山口県萩市長選で初当選した田中文夫氏(72)は、当選から一夜明けた22日、萩市土原の事務所で記者会見した。田中氏は、衆院山口3区の自民現職で実兄の河村建夫氏(78)の後押しを受け、3区へのくら替えが浮上している自民の林芳正参院議員(60)=山口選挙区=が支援した現職の藤道健二氏(61)との接戦を制した。田中氏は選挙戦を振り返り、「河村氏の支援を受けて勝った。くら替えに影響はあると思う」と述べた。

 3区内では2020年の美祢、宇部両市長選で林氏に近い候補が当選したが、田中氏が500票差で勝利し河村氏陣営の「3連敗」は免れた。田中氏の任期は27日から4年間で、市役所で市選挙管理委員会の中谷伸(のぶる)委員長から当選証書を受け取った。

この記事は有料記事です。

残り1011文字(全文1339文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集