ウイグル問題「深刻に懸念」 制裁には言及せず 加藤官房長官

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤勝信官房長官
加藤勝信官房長官

 加藤勝信官房長官は23日午前の記者会見で、中国新疆ウイグル自治区の人権問題を巡り、欧州連合(EU)と米国が中国当局者らへの制裁発動を決定したことに関し、「同自治区の人権状況について深刻に懸念し、中国政府に対して透明性のある説明を行うよう働きかけをしている」と述べ、国際社会で連携して対応していく考えを示した。日本政府による制裁の検…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集