特集

LGBT

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

性的指向の暴露 禁止する条例可決、都道府県で初 三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「アウティング」などの禁止を盛り込んだ都道府県レベルで初の条例が県議会の全会一致で可決されたことを説明する三重県の鈴木英敬知事=県庁で2021年3月23日午後3時37分、森田采花撮影
「アウティング」などの禁止を盛り込んだ都道府県レベルで初の条例が県議会の全会一致で可決されたことを説明する三重県の鈴木英敬知事=県庁で2021年3月23日午後3時37分、森田采花撮影

 三重県議会は23日、LGBTなど性的少数者であることを本人の許可なく第三者に暴露する「アウティング」や、カミングアウトの強制を禁止する条例案を全会一致で可決した。当事者を傷つけ、人間関係や就労環境が不安定になる不当な行為をなくす狙い。アウティングを禁止した条例は、東京都国立市などが施行しているが、都道府県では初めて。施行は4月1日。

 条例は目的を「性の多様性を認め合う社会の実現」と掲げ、性的指向や性自認について「本人の意に反して正当な理由なく暴露してはならない」「性的指向を理由とする不当な差別的取り扱いをしてはならない」と規定した。県民にはそうした差別のない社会の実現に努力し、県の施策に協力するよう求め、県内の市町や教育機関には必要な措置を講じるよう努める役割を明記した。いずれも罰則規定は見送った。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文799文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集