特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

河井被告、狭まる包囲網に「白旗」 決断理由は「神父の助言」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地裁に入る河井克行被告=東京都千代田区で2021年3月23日午前9時21分(代表撮影)
東京地裁に入る河井克行被告=東京都千代田区で2021年3月23日午前9時21分(代表撮影)

 強気の無罪主張から一転。2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、元法相で衆院議員の河井克行被告(58)が23日、検察側と全面対決の姿勢を崩し、議員辞職の意向を表明した。現金を受け取ったとされる地方議員らが次々と買収を認め、妻の案里元参院議員(47)の有罪判決も確定。包囲網が狭まる中、起訴内容の大半を認めて「白旗」を揚げた形だ。

 「全般的に選挙買収であることを争うことはいたしません」。午前10時半過ぎ、東京地裁103号法廷。紺のスーツに身を包んだ克行議員が証言台の前で主張を一変させると、法廷の空気が張り詰めた。弁護人から出処進退を問われ、10秒ほどの間を置いて…

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1682文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集