特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

智弁学園が大阪桐蔭を降す 1回戦屈指の好カード 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪桐蔭-智弁学園】一回裏智弁学園1死満塁、植垣が走者一掃の左翼線3点二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月23日、藤井達也撮影 拡大
【大阪桐蔭-智弁学園】一回裏智弁学園1死満塁、植垣が走者一掃の左翼線3点二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月23日、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会は第4日の23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、優勝候補同士の対決となった第2試合で、近畿王者・智弁学園(奈良)が2年連続出場の大阪桐蔭を8-6で破り、第8日(27日)の2回戦に進んだ。昨秋の近畿大会決勝と同じ顔合わせで、またも智弁学園が勝利した。

 センバツ10連勝中だった大阪桐蔭は、センバツでは第88回大会(2016年)2回戦で木更津総合(千葉)に敗れて以来の敗戦となった。

【大阪桐蔭-智弁学園】最後の打者を三振に打ち取り、拳を固める小畠=阪神甲子園球場で2021年3月23日、久保玲撮影 拡大
【大阪桐蔭-智弁学園】最後の打者を三振に打ち取り、拳を固める小畠=阪神甲子園球場で2021年3月23日、久保玲撮影

 智弁学園が序盤から主導権を握り、点の取り合いを制した。一回に大阪桐蔭の先発・松浦の立ち上がりを捉え、植垣の3点二塁打などで4点を先取。六回には敵失や森田の適時打などで3点を加えた。大阪桐蔭は五回まで1安打に抑えられた打線が中盤以降追い上げたが、最大5点差が響き、追いつくことができなかった。

智弁学園・小坂将商監督

 (展開を)イメージしてしっかり準備をしてきた。(大阪桐蔭には昨秋の近畿大会決勝で勝利したが)全国の人にはあまり分からない。目標のチーム、監督だったので、甲子園で勝ててすごく自信になった。

智弁学園・西村王雅投手

 (五回まで1安打投球も8回6失点)3失点以内に抑えるのが目標だった。終盤に崩れたのは反省。(自身3度目の甲子園に)高校野球人生で1番大事な試合になった。大阪桐蔭に勝てて、これ以上ない喜び。

大阪桐蔭・西谷浩一監督

 初回の4失点でリズムを作れなかった。(先発の)松浦はゲームを作ろうという意識が強すぎた。先制して智弁学園の西村投手にプレッシャーをかけたかったが、余裕をもって投げられた。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

 

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集