特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

大阪桐蔭再び敗退 池田陵真主将が感じた「弱さ」 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪桐蔭-智弁学園】一回裏智弁学園1死満塁、植垣の左翼線二塁打で一塁走者の三垣も生還し、走者一掃(捕手、田近)=阪神甲子園球場で2021年3月23日、平川義之撮影 拡大
【大阪桐蔭-智弁学園】一回裏智弁学園1死満塁、植垣の左翼線二塁打で一塁走者の三垣も生還し、走者一掃(捕手、田近)=阪神甲子園球場で2021年3月23日、平川義之撮影

 第93回選抜高校野球大会は第4日の23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われた。優勝候補同士の対決となった第2試合で、2年連続出場の大阪桐蔭は近畿王者・智弁学園(奈良)に8-6で敗れた。

大阪桐蔭・池田陵真主将

 一回に4点を取られたのが痛かった。こちらは前半0点に抑えられたことが敗因。守備、投手ともにミスが多く出た。攻撃にも前半に攻めきれない弱さがあった。秋に負けた相手で、「負けられへんぞ」と声かけしたが……。

 相手の西村(王雅)投手は真っすぐで押してきて、変化球もうまく使ういい投手。狙い球を絞らせないような投球をされた。(前半抑えられたのは)早く追い付きたい、逆転したいという気持ちがあったので、そういう結果になった。

 (九回2死後の三塁打は)ストレート。(前打者の)宮下(隼輔選手)がゲッツーに終わったので、チームの思いを背負って出塁しようと打席に立った。なんとかつなげていこうという思いだった。

 秋にはできなかった、最後の粘りができたのは良かったが、試合の入りとゲーム運びは全然だめ。きょうの試合は、すべてにおいて力不足だった。もっと練習をやっていかなければと思った。

西谷浩一監督「一回の4点で余裕持たれた」

 一回に4点取られたことで、守りから攻撃のリズムが作れず、苦しい展開になった。秋に負けたチームと、しかも初戦で選手たちはしっかり勝ちたいという気持ちでやってくれたが、まだまだ力が及ばないことが分かった。私自身もしっかり導いてやれなかった。

 松浦(慶斗投手)は、あまり立ち上がりのいい投手ではない。お互いに(立ち上がりが)一つのポイントになると思っていた。相手の西村(王雅)投手はちゃんとやったが、うちはゲームが作れなかった。松浦はゲームを作ろうという意識が強すぎて、自分のペースに持って行けなかった。西村投手はいい投手であることは間違いない。プレッシャーをかけないといけないが、一回の4点で気持ちに余裕を持って投げられてしまった。

 昨年は夏の交流試合があったが、甲子園経験のある選手が少ない。きょうの負けを悔しさだけでなく、「夏」に生かしたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集