特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

智弁学園・小坂将商監督 目標制して得た「自信」 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪桐蔭―智弁学園】六回裏智弁学園1死三塁、打者西村(左)の時、大阪桐蔭の関戸(中央)の暴投で森田(右)が生還し、7点目=阪神甲子園球場で2021年3月23日、平川義之撮影 拡大
【大阪桐蔭―智弁学園】六回裏智弁学園1死三塁、打者西村(左)の時、大阪桐蔭の関戸(中央)の暴投で森田(右)が生還し、7点目=阪神甲子園球場で2021年3月23日、平川義之撮影

 第93回選抜高校野球大会は第4日の23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、優勝候補同士の対決となった第2試合は、智弁学園(奈良)が大阪桐蔭を8-6で破った。

智弁学園・小坂将商監督

 大阪桐蔭(と西谷浩一監督)は目標としていたチームであり、監督。何とか食らいつくことができて良いゲームを展開できた。個人としても、ものすごく自信になった。対戦校に決まってから、この1カ月間は大阪桐蔭をイメージしながら走塁や守備練習に取り組んできた。選手たちの気持ちも切れずに最後まで集中してできた。

 通常の試合と異なり、開始前に写真撮影などがあり、選手は慣れていない様子だった。そのときに「一度落ち着け」と声をかけたのが、良いように作用したのかも知れない。

 きょうの勝敗を分けたのは、六回裏の攻撃だったと個人としては思う。その表に2失点していたが、すぐに3点を返せた点が大きい。勢いを失わずにいけたので良かった。

 西村(王雅)投手もチームの勝利に大きく貢献してくれた。前半はとても丁寧に球を投げてくれた。ただ、七回以降はボール球とストライクがはっきりしてきてしまったので、小畠(一心投手)に継投した。

力投する智弁学園先発の西村=阪神甲子園球場で2021年3月23日、久保玲撮影 拡大
力投する智弁学園先発の西村=阪神甲子園球場で2021年3月23日、久保玲撮影

山下陽輔主将「チームが勢いづく」

 昨秋の近畿大会(の決勝)で大阪桐蔭に勝てたが、「まぐれにしたくない」という思いがあった。秋の大会で展開した「つなぐ野球」でもう一度、勝ちきろうという気持ちで試合に臨んだ。大阪桐蔭は自分たちにとって「大きい山」のような存在。勝利したことで、チームが勢いづくと思う。本当に良かった。

 試合の理想の展開は、守りからリズムを作ること。一回から西村(王雅)投手がしっかり守ってくれた。打撃では狙い球を決めることはなく、積極的に振っていくことを意識したつもりだ。アウトコースの球を捉えてしっかりたたくことができ、得点につながったと思う。

 ただ、終盤の大阪桐蔭の追い上げはすさまじいものがあった。今回は自分たちもミスがあったし、まだまだ詰めることができる部分があると思う。そこをさらに磨きをかけていきたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集