特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

「コツコツがコツ」広島新庄・花田、勝利の反骨心 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
延長十二回裏広島新庄2死一塁、サヨナラとなる右越え適時二塁打を放ち、拳を突き上げて一塁を回る花田=阪神甲子園球場で2021年3月23日、藤井達也撮影 拡大
延長十二回裏広島新庄2死一塁、サヨナラとなる右越え適時二塁打を放ち、拳を突き上げて一塁を回る花田=阪神甲子園球場で2021年3月23日、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会は第4日の23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、昨秋の中国大会を制した広島新庄が初出場の上田西(長野)にサヨナラ勝ちした。花田侑樹(3年)が0―0の延長十二回に決勝の適時二塁打を放った。

 狙い球を思い切り引っ張った。タイブレーク目前の十二回2死一塁。白球は前進守備の右翼手の頭上を越え、一塁走者が一気に生還した。「一本出て良かった」。広島新庄の4番・花田が安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 花田を含め、先発に7人の左打者が名を連ねた打線は、上田西の左腕・山口の外角スライダーに手を焼いていた。ナインで声を掛け合ったのは「内に来る球を一発で仕留めよう」。花田がたたいたのも内角寄りのスライダー。体の開きを抑える意識も加えたことで、打球が右翼線を切れることはなかった。

力投する広島新庄先発の花田=阪神甲子園球場で2021年3月23日、久保玲撮影 拡大
力投する広島新庄先発の花田=阪神甲子園球場で2021年3月23日、久保玲撮影

 接戦のお膳立てをしたのも花田の右腕だ。序盤は直球で押し、中盤以降はカットボールを効果的に織り交ぜ、八回途中を無失点。「何とかゼロに抑えられて良かった」。チームの最大の特長は花田から左腕・秋山につなぐ「勝利の方程式」だが、宇多村監督は「花田がしっかり投げてくれたので、予定より(2番手の)秋山の登板が遅かった」。秋山に余力が残っていたのと対照的に、1人で投げ抜いた相手は、最後に制球が甘くなった。

 「4番・投手」の花田だが、必ずしもエリートではない。1年秋から主戦格だった秋山に追いつこうと、日々の体幹トレーニングなどでは必ず秋山より長くやるようにするなど、反骨心が成長を支えてきた。好きな言葉は「コツコツが勝つコツ」。投打の軸として努力を重ね続け、大舞台で最高の輝きを見せた。【新井隆一】

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集