連載

田中優子の江戸から見ると

法政大総長・田中優子さんのコラム。江戸から見る「東京」を、ものや人、風景から語ります。

連載一覧

田中優子の江戸から見ると

進学率過去最高

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
法政大総長の田中優子さん
法政大総長の田中優子さん

 3月24日は毎年、法政大学の卒業式である。日本武道館で行われる。昨年は実施できなかったが、今年は実施する。

 戦後の日本では大学進学率が急上昇した。2020年の大学・短大への進学率は58・6%、大学のみでは54・4%、高等専門学校、専門学校を含めると83・5%と、いずれも過去最高を更新した。

 日本では、近代的学校制度を定めた「学制」が公布された1872(明治5)年から、全ての国民が教育を受けることを目標とした。それはやがて義務教育制度になった。ということは、江戸時代では子供に教育を受けさせるのは義務ではなく、制度でもなかったのである。それでも生活の必要性から、多くの子供が読み書きを習い算術程度はできた。だが今のよ…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文776文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集