行政費用、年23億円増 中核市移行で市川市試算 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 市川市が目指している中核市移行の是非を検討する市議会の特別委員会(松井努委員長)が23日開かれた。市側から、標準的な行政費用を示す「基準財政需要額」が年間約23億円増加する試算が示された。委員からは「市民の理解を得るのは簡単ではない」などと慎重な検討を求める意見が相次いだ。

 中核市は人口20万人以上を要件に、保健所業務な…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

注目の特集