「速やかに再審開始を」 袴田事件、3者協議始まる /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する袴田巌さんの姉の秀子さん(中央)と弁護団=東京都霞が関の司法記者クラブで
記者会見する袴田巌さんの姉の秀子さん(中央)と弁護団=東京都霞が関の司法記者クラブで

 1966年に静岡市清水区(旧清水市)で一家4人が殺害された「袴田事件」で死刑が確定し、2014年3月の静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(85)の差し戻し審の第1回3者協議が22日、東京高裁(大善文男裁判長)で開かれた。弁護側は「速やかに審理を進め、早期の再審開始決定を」と求めた。

 最高裁は20年12月、犯行時の着衣とされた「5点の衣類」に付いた血痕の色について、化学反応の影響を考慮して検討する必要があると判断。再審…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

あわせて読みたい

注目の特集