新文化会館設計費削除 予算修正案可決 豊岡市議会委 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 豊岡市議会の予算決算委員会が23日開かれ、一般会計481億2300万円の2021年度当初予算案を審議したが、市議から新文化会館建設に伴う実施設計費1億7785万円を削除する修正動議が出て、賛成16、反対5で可決された。背景には、市が、豊岡健康福祉センター(同市城南町)を取り壊して新文化会館の駐車場にする方針に対し、福祉団体が反発して議会に陳情を出している経緯がある。

 同委では、修正動機の提案者(11人連名)の関貫久仁郎議員が「健康福祉センターの利用者に移転を要求したのに議会に説明がない。議会軽視だ」などと批判。伊藤仁議員は「コロナ禍で市民が疲弊している。大規模公共事業は、いったん中断すべきだ」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集