薫的さん、こんにちは 和尚像、50年ぶり開帳 高知 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開帳された薫的和尚像=高知市の薫的神社で、郡悠介撮影
開帳された薫的和尚像=高知市の薫的神社で、郡悠介撮影

 「薫的(くんてき)さん」と親しまれる江戸時代の住職、薫的和尚(1625~71年)の木像が22日から、薫的神社(高知市洞ケ島町)で開帳されている。開帳は50年に1度だけで、貴重な像を拝もうと多くの人々が訪れている。28日まで。

 薫的神社によると、薫的和尚は長宗我部家の菩提(ぼだい)寺だった瑞應(ずいおう)寺の住職。次第に土佐藩主・山内家の菩提寺と対立するようになり、投獄されて獄中で自害した。権力に相対する…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集