個人情報、中国から遮断 LINE社長陳謝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第三者委員会初回会合の冒頭で陳謝するLINEの出沢剛社長=東京都千代田区で23日午後4時35分、玉城達郎撮影
第三者委員会初回会合の冒頭で陳謝するLINEの出沢剛社長=東京都千代田区で23日午後4時35分、玉城達郎撮影

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」の個人情報が中国の現地法人からアクセスできる状態になっていた問題で、ラインの出沢(いでざわ)剛(たけし)社長は23日、東京都内で記者会見し、中国からのアクセスを完全に遮断し、中国での開発などの業務を終了したと発表した。また、メッセージをやりとりする「トーク」のデータのうち、韓国国内のサーバーで保管している画像や動画ファイルの全データを6月までに日本国内に移転する。政府や自治体の公式アカウントのデータ保管も完全に国内で行う方針を示した。

 出沢社長は、記者会見で「ユーザーにご心配をおかけし、心から申し訳ない。信頼を裏切ることになり、非常に重く受け止めている」と陳謝した。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文724文字)

あわせて読みたい

注目の特集