特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 国産ワクチン 大規模治験、実施困難 代替策を検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症のワクチン開発を進めるうえで必要な大規模治験での参加者の募集が困難になっている。治験の参加は、ワクチン接種を受けていない人が対象だが、世界的に接種が進むにつれて「未接種者」の確保が難しくなっているためだ。ワクチン開発を円滑に進めるため、厚生労働省と医薬品の審査を担う医薬品医療機器総合機構は、大規模治験に代わる新たな評価方法について検討に入った。

 ワクチン開発は通常、3段階の治験を経て安全性と有効性を確認する。最終段階の第3相では、大規模な集団を本物のワクチンと「偽薬」を投与するグループに分けて、接種後の感染の有無や副反応などを比較する。米ファイザー製など、実用化されたワクチンでは3万~4万人の被験者を集めて第3相が実施された。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文771文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集