特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 広島新庄1-0上田西 広島新庄、大黒柱輝き

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【広島新庄-上田西】延長十二回裏広島新庄2死一塁、サヨナラとなる右越え適時二塁打を放ち、拳を突き上げて一塁を回る花田=藤井達也撮影 拡大
【広島新庄-上田西】延長十二回裏広島新庄2死一塁、サヨナラとなる右越え適時二塁打を放ち、拳を突き上げて一塁を回る花田=藤井達也撮影

 <2021 第93回センバツ高校野球>

第4日(23日・阪神甲子園球場)

 互いに無得点のまま延長戦に突入した投手戦を、広島新庄がサヨナラ勝ちで制した。延長十二回、2死から3番・瀬尾が中前打で出塁し、続く花田が決勝の右越え二塁打を放った。投げては花田、秋山の継投で零封した。上田西は相手を上回る8安打を放つもあと1本が出ず、好投した左腕・山口を援護できなかった。

 狙い球を思い切り引っ張った。タイブレーク目前の十二回2死一塁。白球は前進守備の右翼手の頭上を越え、一塁走者が一気に生還した。「一本出て良かった」。広島新庄の4番・花田が安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 花田を含め、先発に7人の左打者が名を連ねた打線は、上田西の左腕・山口の外角スライダーに手を焼いていた。ナインで声を掛け合ったのは「内に来る球を一発で仕留めよう」。花田がたたいたのも内角寄りのスライダー。体の開きを抑える意識も加えたことで、打球が右翼線を切れることはなかった。

 接戦のお膳立てをしたのも花田の右腕だ。序盤は直球で押し、中盤以降はカットボールを効果的に織り交ぜ、八回途中を無失点。「何とかゼロに抑えられて良かった」。チームの最大の特長は花田から左腕・秋山につなぐ「勝利の方程式」だが、宇多村監督は「花田がしっかり投げてくれたので、予定より(2番手の)秋山の登板が遅かった」。秋山に余力が残っていたのと対照的に、1人で投げ抜いた相手は、最後に制球が甘くなった。

 「4番・投手」の花田だが、必ずしもエリートではない。1年秋から主戦格だった秋山に追いつこうと、日々の体幹トレーニングなどでは必ず秋山より長くやるようにするなど、反骨心が成長を支えてきた。好きな言葉は「コツコツが勝つコツ」。投打の軸として努力を重ね続け、大舞台で最高の輝きを見せた。【新井隆一】

延長十二回、力尽き サヨナラ負け、成長の糧に 山口謙作投手 上田西・3年

サヨナラ打を打たれた上田西の山口=藤井達也撮影 拡大
サヨナラ打を打たれた上田西の山口=藤井達也撮影

 延長十二回裏、162球目のスライダーが甘く入った。2死一塁から右越え二塁打を浴びる。カバーに入った本塁の後ろで、サヨナラという現実を突きつけられた。両ひざに手を置き、うなだれる。細身の好左腕は、あふれる涙を袖で拭った。

 「スライダーのキレが予想以上だった」。相手の先発メンバーに左打者が7人並んだこともあり、捕手の小川と話し合って外のスライダーを中心に投球を組み立てた。プレートの一塁側を踏んで投げるため、左打者には背中の方から外へ逃げる軌道。広島新庄打線は当てるのが精いっぱいで、十一回まで散発5安打無失点。甘く入った最後の1球を除いては、ほぼ完璧な内容だった。

 大会前は昨秋の公式戦で出場校中トップのチーム打率4割8厘をマークした強打線に注目が集まったが、冬の間に走り込みとトレーニングで下半身や体幹、肩回りを強化。「親が謙虚に育ってほしい、という思いでつけてくれた」という謙作の名前の通り、いてつく冬の信州で地道に土台を作った。

 「一冬越えて成長した姿を見せられた」。努力が実ったが、「この悔しさは忘れない」の言葉にこそ、実感がこもる。スタミナと球威をつけて、甲子園に帰ってくるつもりだ。【高橋秀明】


 ○…1回戦…○

 △午後2時32分開始(観衆7500人)

上田西(長野)

  000000000000=0

  000000000001=1

広島新庄(広島)

 (延長十二回)

あわせて読みたい

注目の特集