フィギュアスケート 世界選手権

女子 ショートプログラム ( SP ) 速報 = 2021年 3月24日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
女子SPで2位の紀平梨花=ストックホルムで、AP
女子SPで2位の紀平梨花=ストックホルムで、AP

女子SP 紀平2位発進 首位はシェルバコワ

 来年の北京冬季五輪の出場枠獲得を懸けたフィギュアスケートの世界選手権が24日、ストックホルムで開幕した。女子SPは、アンナ・シェルバコワ(FSR)が81.00点で首位発進。初の表彰台を目指す紀平梨花(トヨタ自動車)が79.08点で2位発進となった。坂本花織(シスメックス)は70.38点で6位、宮原知子(関大)は59.99点で16位。3位には、15年世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(FSR)が入った。トルソワは64.82点で12位だった。女子フリーは27日未明(午前2時ごろ~)に行われる。

▶息をのむ展開 女子フリー紀平vsロシア勢

▶女子SP 華やか衣装にも注目

▶男子SP 羽生vsチェン 1年3カ月ぶり対決

▶ロシア勢の「FSR」って何?

女子フリーに進出が決まった24選手のSP順位と得点

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1アンナ・シェルバコワ(FSR)81.00(43.86、37.14)
2紀平梨花(トヨタ自動車)79.08(43.68、35.40)
3エリザベータ・トゥクタミシェワ(FSR)78.86(44.39、34.47)
4カレン・チェン(米国)74.40(40.88、33.52)
5キム・イェリム(韓国)73.63(40.07、33.56)
6坂本花織(シスメックス)70.38(36.14、34.24)
7ブレイディ・テネル(米国)69.87(35.70、34.17)
8イ・ヘイン(韓国)68.94(37.29、31.65)
9マデリン・シーザス(カナダ)68.77(38.48、30.29)
10レオナ・ヘンドリックス(ベルギー)67.28(36.62、31.66、ー1.00)
11オルガ・ミクティナ(オーストリア)67.18(38.58、28.60)
12アレクサンドラ・トルソワ(FSR)64.82(30.34、34.48)
13エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)64.11(35.78、28.33)
14イェニー・サリネン(フィンランド)63.54(34.52、29.02)
15ジョセフィン・タイエガード(スウェーデン)61.58(32.98、28.60)
16宮原知子(関大)59.99(27.34、37.65、ー1.00)
17アレクサンドラ・フェイギン(ブルガリア)59.97(34.05、34.05)
18アリーナ・ウルシャゼ(ジョージア)59.89(32.36、27.53)
19エヴァロッタ・キーバス(エストニア)59.65(31.26、28.39)
20ニコル・ショット(ドイツ)59.09(29.34、29.75)
21エリスカ・ブレジノワ(チェコ)58.81(32.84、25.97)
22ホンイー・チェン(中国)58.81(30.66、28.15)
23ナターシャ・マッケイ(イングランド)58.15(30.58、27.57)
24リンゼイ・ファン・ズンデルト(オランダ)57.72(32.22、25.50)

▶「バブル方式」で開催 安全は守られるか

最終グループ終了

第39滑走 紀平梨花(トヨタ自動車)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで浜田美栄コーチとステファン・ランビエルコーチと拳を合わせる紀平梨花=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで浜田美栄コーチとステファン・ランビエルコーチと拳を合わせる紀平梨花=ストックホルムで2021年3月24日、AP

18歳。全日本選手権2連覇中。2018ー2019シーズンには、シニアデビュー早々、GPファイナル制覇。武器のトリプルアクセルに加え、昨年12月の全日本選手権では4回転サルコウを成功させた。今シーズンからステファン・ランビエル氏のもとで、宇野昌磨らとともに練習している。

曲は「The Fire Within」

冒頭のトリプルアクセル、続く3回転フリップ、3回転トーループの連続ジャンプは、回転が足りていないと見なされ、出来映え点が伸びず。激しい曲調に合わせ、最後の3回転ルッツは両手を挙げて鮮やかに決めた。終盤は、見せ場の片手側転もしっかり決めた。

得点:79.08(技術点43.68、演技構成点35.40)

紀平はシェルバコワに続き2位

▶スコアに「q」マーク 紀平の回転不足とは

▶2年前から成長 紀平「集中とリラックス」


第38滑走 ブレイディ・テネル(米国)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するブレイディ・テネル=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するブレイディ・テネル=ストックホルムで2021年3月24日、AP

23歳。20年GPシリーズ・スケートアメリカ2位。19年四大陸選手権は3位。今季は3年ぶりに全米女王に返り咲いた。

曲は「Moderation」

得点:69.87(技術点35.70、演技構成点34.17)


第37滑走 宮原知子(関大)

女子SPで演技する宮原知子=ストックホルムで2021年3月24日、AP
女子SPで演技する宮原知子=ストックホルムで2021年3月24日、AP

14~17年全日本選手権で4連覇した22歳。18年平昌オリンピック4位、世界選手権で銀1回、銅1回。昨シーズンからカナダに拠点を置く。

曲は「グノシエンヌ 第1番」

冒頭、連続ジャンプを予定していたが、最初の3回転ルッツで転倒。後半でリカバリーしようとした連続ジャンプは3回転ループの着地が乱れ、2本目がシングルジャンプに。ミスが響き、出遅れた。

得点:59.99(技術点27.34、演技構成点37.65、減点-1.00)

▶宮原「緊張した…」


第36滑走 坂本花織(シスメックス)

女子SPで演技する坂本花織=ストックホルムで2021年3月24日、AP
女子SPで演技する坂本花織=ストックホルムで2021年3月24日、AP

18年全日本選手権女王の20歳。今シーズンはGPシリーズ・NHK杯で優勝、12月全日本選手権2位。18年平昌冬季五輪代表。昨シーズンは表彰台を逃す苦しい時期が続いたが、今季はダイナミックな演技が復活。初出場した19年世界選手権は5位。今回は表彰台を狙う。

曲は「バッハ・ア・ラ・ジャズ」

冒頭、勢いのあるダブルアクセル。続く3回転ルッツはエッジエラーとなり、出来映え点が伸びず。後半に組み込んだ3回転フリップ、3回転トーループの連続ジャンプはなんとか持ちこたえ、着氷。終盤の見せ場のステップは、ピアノのリズムに合わせ滑りきった。

得点:70.38(技術点36.14、演技構成点34.24)

▶坂本「思ったより…」


第35滑走 アンナ・シェルバコワ(FSR)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するアンナ・シェルバコワ=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するアンナ・シェルバコワ=ストックホルムで2021年3月24日、AP

16歳。昨季、コストルナヤ、トルソワとともに鮮烈なシニアデビューを果たし、19年GPファイナル準優勝。若手が次々と台頭するロシア選手権では3連覇中。女子シニアで初めて4回転ルッツを成功。4回転フリップも飛ぶ。

曲は「O doux printemps d'autrefois」

終始落ち着き、完成度の高い圧巻の演技を見せた。得点が1.1倍になる後半に持ってきた、3回転ルッツ、3回転ループの連続ジャンプもクリーンに決め、加点が2点以上ついた。

得点:81.00(技術点43.86、演技構成点37.14)

この時点で暫定トップに。

▶「ハイリスク・ハイリターン」決めた!


第34滑走 アレクサンドラ・トルソワ(FSR)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するアレクサンドラ・トルソワ=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するアレクサンドラ・トルソワ=ストックホルムで2021年3月24日、AP

16歳。昨季コストルナヤ、トルソワとともに鮮烈なシニアデビューを果たし、19年GPファイナル3位。また、女子選手として史上初めて4回転ルッツ、4回転フリップ、4回転トウループを公式戦で成功させており、このほか4回転サルコウも飛ぶことができる。今シーズンからエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏のアカデミーに移籍した。

曲は「Love Story」「Appassionata」

持ち前の完成度の高いジャンプを見せることができなかった。後半に持ってきた連続ジャンプは、1本目の3回転ルッツの着氷が乱れ、2本目を飛ぶことができなかった。

得点:64.82(技術点30.34、演技構成点34.48)

この時点でまさかの暫定8位


第6グループまでの暫定順位

1位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(FSR)

2位 カレン・チェン(米国)

3位 キム・イェリム(韓国)

第6グループが終了 元世界女王トゥクタミシェワが貫禄

第33滑走 エヴァロッタ・キーバス(エストニア)

曲は「Sign of the Times」

冒頭の連続ジャンプなどで着氷が乱れた。

得点:59.65(技術点31.26、演技構成点28.39)


第32滑走 ニコル・ショット(ドイツ)

曲は「What a Feeling」 (フラッシュダンスより)

連続ジャンプで乱れが出た。

得点:59.09(技術点29.34、演技構成点29.75)


第31滑走 キム・イェリム(韓国)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するキム・イェリム(韓国)=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するキム・イェリム(韓国)=ストックホルムで2021年3月24日、AP

18歳。今年2月に行われた韓国選手権では、3連覇中だったユ・ヨンを抑えて優勝。19年四大陸選手権では6位。
曲は「愛の夢」より

両手を挙げての連続ジャンプも華麗に決めた。

得点:73.63(技術点40.07、演技構成点33.56)


第30滑走 エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)

曲は「マンボ・イタリアーノ」

得点:64.11(技術点35.78、演技構成点28.33)


第29滑走 アレクシア・パガニーニ(スイス)

米国生まれで、2016年まで米国代表だった。コーチはステファン・ランビエル氏。

曲は「Caught Out in the Rain」

ジャンプが乱れ得点伸びず。

得点:57.23(技術点28.13、演技構成点29.10)


第28滑走 エリザベータ・トゥクタミシェワ(FSR)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するエリザベータ・トゥクタミシェワ=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するエリザベータ・トゥクタミシェワ=ストックホルムで2021年3月24日、AP

24歳。2015年の世界女王が、6年ぶりに帰ってきた。10代選手が次々と台頭するロシアで、存在感を示し続けている。20年のGPシリーズ・ロシア杯では、昨季GPファイナル女王のコストルナヤやトルソワらを抑え、優勝を飾った。

代名詞のトリプルアクセルや、大人の魅力を漂わせる演技で魅了する一方で、親日家としても有名。背中に漢字で「愛」の文字が入った衣装も話題になった。

曲は「Lovely」

冒頭のトリプルアクセル含めジャンプを全て成功させ、演技後はガッツポーズ。

得点:78.86(技術点44.39、演技構成点34.47)

ここで暫定1位に

※ロシア代表は、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)によって国旗、国歌など国のシンボルの使用を禁じられたため、今大会は「ロシア・フィギュアスケート連盟」(FSR)として出場する。


第5グループまでの暫定順位

1位 カレン・チェン(米国)

2位 イ・ヘイン(韓国)

3位 マデレーン・シーザス(カナダ)

第5グループ終了

第27滑走 カイラニ・クレイン(オーストラリア)

曲は「Heart of Glass」

得点:56.86(技術点30.24、演技構成点26.62)


第26滑走 アレクサンドラ・フェイギン(ブルガリア)

曲は「シンドラーのリスト」より

得点:59.97(技術点34.05、演技構成点25.92)


第25滑走 マエ=ベレニス・メイテ(フランス)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技中、負傷し棄権したマエ=ベレニス・メイテ(フランス)=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技中、負傷し棄権したマエ=ベレニス・メイテ(フランス)=ストックホルムで2021年3月24日、AP

曲は「If I Ain't Got You」

冒頭のジャンプで負傷。演技を中断し、リンクを去る


第24滑走 イー・クリスティ・レオン(香港)

棄権


第23滑走 カレン・チェン(米国)

17年世界選手権4位。

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するカレン・チェン(米国)=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するカレン・チェン(米国)=ストックホルムで2021年3月24日、AP

曲は「Rise」

冒頭の3回転連続ジャンプを成功。その後も2本のジャンプを成功。力強いボーカルに合わせ、スピン、ステップもしっかりと滑りきり、ノーミス演技を見せた。

得点:74.40(技術点40.88、演技構成点33.52)


第22滑走 エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)

曲はジャネット・ジャクソンメドレー

得点:52.28(技術点26.80、演技構成点26.48)


第4グループまでの暫定順位

1位 イ・ヘイン(韓国)

2位 マデレーン・シーザス(カナダ)

3位 レオナ・ヘンドリックス(ベルギー)

第4グループ終了

第21滑走 アリーナ・ウルシャゼ(ジョージア)

曲は「Asturias」

得点:59.89(技術点32.36、演技構成点27.53)


第20滑走 イ・ヘイン(韓国)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するイ・ヘイン(韓国)=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するイ・ヘイン(韓国)=ストックホルムで2021年3月24日、AP

曲は「アヴェ・マリア」

得点:68.94(技術点37.29、演技構成点31.65)


第19滑走 エリスカ・ブレジノワ(チェコ)

曲は「Never Tear Us Apart」

得点:58.81(技術点32.84、演技構成点25.97)


第18滑走 ユリア・ラング(ハンガリー)

曲は「And The Waltz Goes On」

得点:54.20(技術点28.43、演技構成点25.77)


第17滑走 ナターシャ・マッケイ(イングランド)

【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するナターシャ・マッケイ(イングランド)=ストックホルムで2021年3月24日、AP
【フィギュアスケート世界選手権】女子SPで演技するナターシャ・マッケイ(イングランド)=ストックホルムで2021年3月24日、AP

曲は「小雀に捧げる歌」

得点:58.15(技術点30.58、演技構成点27.57)


第16滑走 オルガ・ミクティナ(オーストリア)

フィギュアスケート世界選手権 女子SPで演技するオルガ・ミクティナ(オーストリア)=ストックホルムで2021年3月24日、AP
フィギュアスケート世界選手権 女子SPで演技するオルガ・ミクティナ(オーストリア)=ストックホルムで2021年3月24日、AP

曲は「Sing, Sing」

得点:67.18(技術点38.58、演技構成点28.60)


第3グループを終えた暫定順位

1位 マデレーン・シーザス(カナダ)

2位 レオナ・ヘンドリックス(ベルギー)

3位 イェニー・サリネン(フィンランド)

第3グループ終了

第15滑走 ジョセフィン・タイエガード(スウェーデン)

曲は「El Tango de Roxanne (「ムーラン・ルージュ」より)

得点:61.58(技術点32.98、演技構成点28.60)


第14滑走 エミリー・バウスバック(カナダ)

曲は「The One I Love」

得点:55.74(技術点28.71、演技構成点27.03)


第13滑走 マデレーン・シーザス(カナダ)

曲は「Stranger in Paradise」

得点:68.77(技術点38.48、演技構成点30.29)


第12滑走 レオナ・ヘンドリックス(ベルギー)

曲は「It's All Coming Back To Me Now」

得点:67.28(技術点36.62、演技構成点31.66、減点ー1.00)


第11滑走 ダーシャ・グルム(スロベニア)

曲は「So Close」

得点:47.76(技術点22.31、演技構成点25.45)


第2グループを終えた暫定順位

1位 イェニー・サリネン(フィンランド)

2位 ホンイー・チェン(中国)

3位 リンゼイ・ファン・ズンデルト(オランダ)

第2グループ終了

第10滑走 イェニー・サリネン(フィンランド)

曲は「月の光」

得点:63.54(技術点34.52、演技構成点29.02)


第9滑走 ホンイー・チェン(中国)

曲は「愛のテーマ」 (「ニュー・シネマ・パラダイス」より)

得点:58.81(技術点30.66、演技構成点28.15)


第8滑走 アナスタシア・アルヒボワ(ウクライナ)

曲は「Mean」

得点:45.07(技術点22.01、演技構成点24.06、減点ー1.00)


第7滑走 ララ・ナキ・ガットマン(イタリア)

曲は「The Sheltering Sky」

得点:55.64(技術点29.67、演技構成点26.97、減点ー1.00)


第6滑走 ネリー・イオフェ(イスラエル)

曲は「Nos Souvenirs」 (「キャッツ」よりメモリー)

得点:52.43(技術点28.90、演技構成点23.53)


第1グループを終えた暫定順位

1位 リンゼイ・ファン・ズンデルト(オランダ)

2位 エイミー・マー(台湾)

3位 アンヘリーナ・クチャヴァルスカ(ラトビア)

第1グループ 終了

第5滑走 エリザベタ・クロパ(リトアニア)

曲は「Feeling Good」

得点:41.31(技術点19.40、演技構成点21.91)


第4滑走 アンゲリーナ・クチバルスカ(ラトビア)

曲は「Hurt」

得点:47.94(技術点24.52、演技構成点23.42)


第3滑走 エミリア・ジンガス(キプロス)

曲は「Vivre」

得点:43.20(技術点19.64、演技構成点23.56)


第2滑走 エイミー・マー(台湾)

曲は「あなたの声に心は開く」(「サムソンとデリラ」より)

得点:55.63(技術点29.93、演技構成点26.70、減点ー1.00)


第1滑走 リンゼイ・ファン・ズンデルト(オランダ)

曲は「Alegria」

得点:57.72(技術点32.22、演技構成点25.5)

紀平梨花「気楽に」女子3選手がコメント

25日男子SP 羽生とチェン9度目対決のカギは

男子SP 25日午後7時半から速報

滑走順は以下の通り

第1グループ

第1滑走 リンゼイ・ファン・ズンデルト(オランダ)

第2滑走 エイミー・マー(台湾)

第3滑走 エミリア・ジンガス(キプロス)

第4滑走 アンゲリーナ・クチバルスカ(ラトビア)

第5滑走 エリザベタ・クロパ(リトアニア)

第2グループ

第6滑走 ネリー・イオフェ(イスラエル)

第7滑走 ララ・ナキ・ガットマン(イタリア)

第8滑走 アナスタシア・アルヒボワ(ウクライナ)

第9滑走 ホンイー・チェン(中国)

第10滑走 イェニー・サリネン(フィンランド)

第3グループ

第11滑走 ダーシャ・グルム(スロベニア)

第12滑走 レオナ・ヘンドリックス(ベルギー)

第13滑走 マデレーン・シーザス(カナダ)

第14滑走 エミリー・バウスバック(カナダ)

第15滑走 ジョセフィン・タイエガード(スウェーデン)

第4グループ

第16滑走 オルガ・ミクティナ(オーストリア)

第17滑走 ナターシャ・マッケイ(イングランド)

第18滑走 ユリア・ラング(ハンガリー)

第19滑走 エリスカ・ブレジノワ(チェコ)

第20滑走 イ・ヘイン(韓国)

第21滑走 アリーナ・ウルシャゼ(ジョージア)

第5グループ

第22滑走 エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)

第23滑走 カレン・チェン(米国)

第24滑走 イー・クリスティ・レオン(香港)

第25滑走 マエ=ベレニス・メイテ(フランス)

第26滑走 アレクサンドラ・フェイギン(ブルガリア)

第27滑走 カイラニ・クレイン(オーストラリア)

第6グループ

第28滑走 エリザベータ・トゥクタミシェワ(FSR)

第29滑走 アレクシア・パガニーニ(スイス)

第30滑走 エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)

第31滑走 キム・イェリム(韓国)

第32滑走 ニコル・ショット(ドイツ)

第33滑走 エヴァロッタ・キーバス(エストニア)

第7グループ

第34滑走 アレクサンドラ・トゥルソワ(FSR)

第35滑走 アンナ・シェルバコワ(FSR)

第36滑走 坂本花織(日本)

第37滑走 宮原知子(日本)

第38滑走 ブレイディ・テネル(米国)

第39滑走 紀平梨花(日本)

※上位24選手がフリー進出

あわせて読みたい

注目の特集