リニア工事「極めて赤に近い黄信号」 静岡知事、JR代替策批判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
川勝平太・静岡県知事
川勝平太・静岡県知事

 未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、川勝平太・静岡県知事は23日、定例記者会見で「工事に黄信号がともった。極めて赤に近い」と語った。JR東海は22日の記者会見で山梨県側に流出したトンネル湧水(ゆうすい)と同じ量の水を静岡県内に流す代替策に10~20年かかる見通しを表明。川勝知事は代替策を「非現実的。山梨県に迷惑がかかる話」と批判した。

 22日に開かれた国土交通省の第10回有識者会議で中間報告案が提示され、県が求めるトンネル湧水の全量戻しについて「掘削工事の一定期間は山梨県側へ湧水が流出し、全量戻しとはならない」と記載された。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文582文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集