特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

次の津波「多くの人が命守れるように」 たろう観光ホテルガイド

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
<2021年3月10日>遺構として保存されている、たろう観光ホテルの前に立つ小幡実さん=岩手県宮古市で
<2021年3月10日>遺構として保存されている、たろう観光ホテルの前に立つ小幡実さん=岩手県宮古市で

 岩手県宮古市田老地区で一番の高さを誇った6階建ての「たろう観光ホテル」は1986年に完成し、街のシンボル的存在だった。津波で1、2階は赤い骨組みがむき出しになり、4階まで浸水したが、何とか残った。2014年に市が建物を買い取り、「震災遺構」として整備。案内業務を宮古観光文化交流協会に委託し、見学者を受け入れている。

 小幡実さん(65)は、同協会の「学ぶ防災」ガイドの一人だ。ホテルや、「万里の長城」と呼ばれながら震災で砕かれた防潮堤を案内し、「津波太郎(田老)」と呼ばれるほど大きな被害を受けてきた町の歴史を語り継いでいる。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文625文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集