SNSで女性研究者を中傷 呉座勇一助教を日文研が注意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
呉座勇一さん=栗原俊雄撮影
呉座勇一さん=栗原俊雄撮影

 国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)は24日、所属する教員がツイッターアカウントで他者を傷つける発言を繰り返していたとして、公式ホームページ(HP)で謝罪した。

 教員は歴史学者の呉座勇一助教(40)。呉座さんを巡っては、自らのツイッターで女性研究者を中傷する不適切な内容を投稿していたことが明らかとなり、今月20日には「一連の揶揄(やゆ)、誹謗(ひぼう)中傷について深く反省し、お詫(わ)び申し上げます」などと投稿していた。

 呉座さんは2022年放送予定のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代考証を担当していたが、NHKは23日、本人の申し出により降板したことを明らかにしていた。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文657文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集