土門拳賞に大竹英洋氏の「ノースウッズ」 その選考過程とは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第40回土門拳賞を受賞した写真家・大竹英洋さんの写真集「THE NORTTH WOODS ノースウッズ 生命を与える大地」(クレヴィス) 拡大
第40回土門拳賞を受賞した写真家・大竹英洋さんの写真集「THE NORTTH WOODS ノースウッズ 生命を与える大地」(クレヴィス)
選考会の様子。(右端から)大石芳野氏、石川直樹氏、砂間裕之編集編成局長、毎日新聞出版・高橋勝視氏。右手前枠内はオンラインで参加した梯久美子氏=東京都千代田区で2021年2月17日 拡大
選考会の様子。(右端から)大石芳野氏、石川直樹氏、砂間裕之編集編成局長、毎日新聞出版・高橋勝視氏。右手前枠内はオンラインで参加した梯久美子氏=東京都千代田区で2021年2月17日

 ドキュメンタリーに軸足を置いた表現に贈られる土門拳賞。第40回(2021年)は、大竹英洋さん(46)の写真集「ノースウッズ 生命を与える大地」(クレヴィス)に決まった。2月中旬に開かれた選考会では、写真と言葉の関係を巡って白熱した議論が交わされた。普段は非公開の選考過程とは--。

 <2月17日、東京・竹橋の毎日新聞東京本社で開かれた選考会。写真家の大石芳野さんと石川直樹さん、砂間裕之・毎日新聞社編集編成局長が会議室に集まり、作家の梯(かけはし)久美子さんは北海道からウェブ会議方式で参加した。同賞事務局の高橋勝視さん(毎日新聞出版)の司会の下、まず候補は、北米の大自然を捉えた大竹英洋さんの「ノースウッズ」、世界各地の紛争や災害の現場を取材した渋谷敦志さんの「今日という日を摘み取れ」、都市や町村の光景を切り取った山田脩二さんの「新版『日本村』」、石川真生さんの「大琉球写真絵巻」、公文健太郎さんの「光の地形」に絞られた>

渋谷敦志さんの写真集「今日という日を摘み取れ」(サウダージ・ブックス)。欧州の難民キャンプなどを旅しながら、人間を見つめた。写真とエッセーを収録。 拡大
渋谷敦志さんの写真集「今日という日を摘み取れ」(サウダージ・ブックス)。欧州の難民キャンプなどを旅しながら、人間を見つめた。写真とエッセーを収録。

 梯久美子さん 「ノースウッズ」、「今日という日を摘み取れ」が特に心に残った。「ノース」は撮り手の存在の出し方が絶妙で、謙虚さ・敬虔(けいけん)さまで伝わる。1冊の中に、自然な感じでドラマが構成されていた。「今日」にも独特の美しさがあり、悲惨な現実の中の人間の尊厳が表れている。私は物書きだが、2冊とも文章も素晴らしく、広い意味でのルポルタージュという点でも刺激を受けた。

 石川直樹さん 「新版『日本村』」と「大琉球写真絵巻」を推す。沖縄で開かれた大琉球写真絵巻展には重みと熱さと覚悟が込められていた。強く推すが、写真集が未刊行で、(他の選考委員は)展示を見ていないので、説得するのが難しいとも思う。「日本村」は決して単純な集大成ではなく、山田さんが1960年代から撮り続けた軌跡が込められている。自分の主観というより、日本の側から飛び込んでくる風景をカメラで受け止めるように積み重ねていった写真集。コロナ禍で日本を見つめ直す時代にあって、この写真集を一枚一枚めくることは大切なことではないか。社会に対する批評性も備えている。

 大石芳野さん 「ノース」が一番と思いつつ、「今日」とで迷っている。双方同じ年齢で、同じ20年かけて、片や自然を、片や人間を撮っている。「ノース」は、人間が自然の中で住み続けてきたこと、その人間を取り巻くのが、森や湖、動物であるということを哲学的に切り取っている。渋谷さんは地球を飛び回って撮影してきた。大変敬意を表したい。ただ、文章がしっかりしているので、その文章に引き寄せられて写真を見てしまう。そこが気になる。かつ、撮り方が全て一緒。人のことは言いやすいから、言いにくいが……。「日本村」は60年間の記録の積み重ねに圧倒されるが、それを超えて写真から迫ってくるものがほしかった。

公文健太郎さんの写真集「光の地形」(平凡社)。日本を形づくる八つの半島で見いだした原風景を活写した。 拡大
公文健太郎さんの写真集「光の地形」(平凡社)。日本を形づくる八つの半島で見いだした原風景を活写した。

 砂間裕之局長 コロナという特別な時期にあって、地球環境や生産性第一主義が問われている。そのなかで心を打たれたのが「ノース」。動物と、自然や人への謙虚さが結びついた作品。「光の地形」も人口の一極集中に対する懐疑を訴えているようで面白かった。

 <議論の流れから、「ノースウッズ」であっさり決まりかと思われたが、石川直樹さんが待ったをかけた。写真に、説明のための文章は必要か。それぞれの写真観や、写真集のあり方についての考えも浮かび上がってきた>

 石川直樹さん 大竹さんについては、ノンフィクションの本も読んだし、展示も見た。写真に言葉を添えると写真そのものから得る情報量が減り、どうしても言葉に導かれて写真を見てしまう。写真の賞としての土門拳賞に強く推すかというと、そうは思えない。キャプションが重厚に付き、文章の本のように読んでいく作品だと思う。優れた一冊だが、写真の重みや強さでいうと、ちょっと違う。

 大石さん 私はまず写真だけを見て、その後キャプションと写真を見比べつつ、より深いところを知っていく。この本では、写真自体に作者の生命観や哲学が出ていた。だから、文学ではなく、やっぱり写真集だと思う。

 梯さん 石川直樹さんの意見には同意するところもある。1冊の本として完成度がとても高い。だから、写真の力というより総合力で勝負しているところもある。あまりにもできが良すぎるので、写真のイメージが薄れるのかも。とはいえ、それを理由に外すのはどうか。

山田脩二さんの写真集「新版『日本村』1960-2020」(平凡社)。ライフワークとして撮影し続けた日本各地の村や街、都市の風景を収録。 拡大
山田脩二さんの写真集「新版『日本村』1960-2020」(平凡社)。ライフワークとして撮影し続けた日本各地の村や街、都市の風景を収録。

 大石さん 「日本村」には説明がほとんどない。一方、「今日」は言葉が(写真の)先へ走っていた。説明がないことがよい場合と、あればいいのにという時がある。

 石川直樹さん どちらがいいというわけでもない。ただ、僕は写真の力を信じていて、言葉に引きずられない写真の記録性が一番織り込まれているのが「日本村」だと思った。土門拳にも文楽の写真集があるが、添えてあるのは情報としての文章。主観を盛り込むのではない。大竹さんの写真集の完成度の高さには異存はないが、自分の考え方として、写真だけを差し出して勝負するような記録性の強度が「日本村」にはあると考えた。

 梯さん 渋谷さんにも未練があるが、この先にいろいろな角度から評価されると思う。皆さんが今回は、と言うなら、駄目でも仕方ない。

 高橋勝視さん 議論が出そろったようだ。写真と言葉というのはこれからもテーマになると思うし、特に写真家自身に対して、言葉をどう扱うか問いかけ続けねばならないと添えて、大竹さんが受賞ということにしたい。【構成・高橋咲子】

あわせて読みたい

注目の特集